Uncategorized

住宅ローンはいくら借りる?

こんにちは。今日は30歳・子供二人・田舎住まいな僕が住宅ローンを借りる際にどのようにして考えたかを説明します。

住宅ローンの借り方

・月額返済額から借り入れ可能額を考える

・現在の手取り月収を把握する

・月の生活費を確認する

・差し引いた額を月額返済額の最大値とする

・返済方法は返済期間は35年・元利均等・ボーナス返済なし

月の返済額で考える

インターネットで調べると、色んなサイトがあります。

どこも大体は、年収別返済シュミレーションが出てきます。

で、最終的には「余裕を持った返済計画にしましょう。」で締められます。。。

当時は、「だからそれはいくらですか!!」とすごく思いました。(笑)

でもこれって、その人の生活スタイルによって変わるので書けないんですよね。

そこで僕は月々の返済額で考えました。

借りる額を考え始めるとわからなくなるので、月の返済額で考えるとしっくりきます。

返済比率はあくまで目安

返済比率という言葉もよく出てきます。

一般的には年収400万円以上だと35%が上限です。

ご存知の通り上限35%は明らかに借りすぎで、理想は20-25%に抑えましょうとの記載が多いです。

ただ、これはあくまで目安です。

理由はシンプルで、家庭ごとで生活スタイルが異なるからです。

例えば、同じ年収400万円でも子供が0人の家庭と4人の家庭では支出は全然違います。

あるいは、同じ家族構成でも趣味や外食などの娯楽費が多い家庭と娯楽費がほとんどない家庭でも普段の支出は異なります。

ちなみに我が家は外食が好きなので少し支出は多いかもです。

対策?として、おじいちゃんおばあちゃんと一緒にご飯を食べに行くことで支出を減らしたりしているとかいないとか(笑)

いくら借りるかではなく、いくらなら返せるか

住宅ローンは結局の所「毎月返済出来るか」が一番重要なので、借りる額を考えても答えは出ません。

なので、僕は月額返済額から借り入れ可能額を考えました。

月額返済額の最大値=手取り月収ー月の生活費

シンプルですが、上記を目安にして考えるのが各家庭の生活スタイルに合わせた住宅ローンの借入額の目安になると思います。

また、計算するときは返済期間は35年・元利均等・ボーナス返済なしで計算しました。

変動金利は月額返済額は減りますが、今後の金利上昇リスクをこちらが負うことになります。

リスクに対応するためには、月額返済額とは別に資金を作る必要があるので結局毎月の支出は変わりません。

これを目安にして、あとは自分の今後のライフプラン(子供が増える等)や仕事のリスク(収入が減るリスク)で月額返済額を上下させれば良いです。

ちなみに、僕は返済比率で言うと約22-3%でした。

一応理想と言われる返済比率に入っていますが、これでもそこそこしんどいです(笑)

正直、今後大きな支出は少ないこと、仕事は比較的安定しており将来的にも年収アップが期待できることなどから少し背伸びした感があります。。。

現在は、少しずつ年収もアップして返済比率は20%を切っています。

実際の生活している感覚では返済比率20%以下が余裕を持って暮らせる額なのかなと感じます。

繰り返しになりますが、返済比率はあくまで目安です!

以上、参考になれば幸いです。それではまた!